スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

紫外線は肌の老化、トラブルの大きな原因

紫外線は太陽から出る光の種類で、UV-A・UV-B・UV-Cと3種類ありますが、地上に届くのは、前者のUV-A・UV-Bの2種類で、この2種類は全く性質が異なり、肌に与える影響も違います。

日差しの強い時に外で紫外線を浴びると、肌が赤くなり日焼けの症状がでますが、これは、皮膚の細胞が傷ついて皮膚に炎症がおこった状態で、この状態の原因はUV-Bで、これに対してUV-Aは肌の色が濃くなり日焼けを起こします。日焼けは、紫外線の影響が肌内部まで侵さないための防御反応です。

UV-Aは肌の奥まで届くと、真皮の組織を破壊するので、シミやシワを引き起こし性質があります。

直射日光だけが肌のダメージを与える訳でない

目に見える日焼けでなくても、紫外線の影響を受けるので、健康な肌を維持するには日ごろから紫外線対策が重要なカギとなります。紫外線の量は、3月から増え始めて、5月~9月がピークを迎えます。

一日の中でも、紫外線の量が最も多いのが午前10時~午後3時頃までは特に要注意が必要ですが、雨の日やくもりでも、日差しが弱くなるので油断しがちですが、紫外線は常に、太陽からの日差しによって地上に届いているのでしっかりとしたUVケア必要となります。

シワ・たるみ
紫外線が肌の奥まで侵入してコラーゲン、エラスチン、真皮の組織が破壊されることによってシワ・たるみを引き起こします。

シミ
紫外線をあびると、紫外線が真皮に届かないようにするため細胞がメラニン組織を作ります。正常なら新陳代謝で古い角質と一緒にメラニン色素も排除されますが正常に代謝が行われないとメラニン組織が残ってしまってシミになります。
乾燥
紫外線は乾燥肌も引き起こします。それがもとで乾燥によるトラブルを起こしやすくなります。

角質肥厚
角質が紫外線の侵入を妨げるため、肌の表面が厚く硬くなります。肌のごわつきはこのせいで起こります。



スポンサードリンク
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://hifubyou.blog85.fc2.com/tb.php/285-fbebb419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。