スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かゆみを悪化させる原因について

身のまわりのものや日頃の習慣が、かゆみの原因になっていることがあります。かゆみが気になるときは次のようなことに気を付けてください。

■飲酒
お酒を飲むと血行がよくなり体温が上がって、その刺激によってかゆみが増すことがあります。

■入浴
体温が上がるためにかゆみが強くなります。また、熱すぎるお湯や体のこすりすぎは皮脂膜をこわし、乾燥によるかゆみにつながります。

■食品
魚介類や野菜のなかにはヒスタミンなどの物質を含んでいるものがあり、食べるとかゆみを引き起こしたり、かゆみを悪化させることもあります。

■汗
汗は塩分濃度が高いため、肌を刺激してかゆみの原因になります。また、汗をかいたままにしておくと肌のバリア機能が弱まって、刺激に敏感になります。

肌に加わるさまざまな刺激のほかに、精神的なストレスもかゆみの感じ方に影響を与えています。脳がストレスを感じると神経にもその刺激が伝わり、皮膚の神経の末端から「神経ペプチド」が放出されます。そして神経ペプチドが肥満細胞を刺激し、かゆみの原因になるヒスタミンの分泌を促してしまうのです。かゆみを感じているときは「かゆい」ということ自体がストレスになり、かゆみをいっそう悪化させてしまうこともあります。

また、仕事や趣味などに集中しているときはかゆみを忘れていられるのに、ひまなときはかゆくてたまらないときうこともあります。かゆみを意識しすぎたり、ほかにすることがなくて掻くことに夢中になってしまったりするのもよくありません。



『かゆみを悪化させないために注意したいこと』

肌に何らかの刺激が加わると、かゆみはいっそうひどくなります。かゆみの原因である病気の治療やスキンケアに力を入れるのと同時に、かゆみを悪化させる原因にもきをつけましょう。

●かゆみを意識しすぎない
かゆいということに気持ちが集中しているとさらにかゆみが強くなるので、何か他のことで気をまぎらわせます

●お風呂はぬるめにする
熱いお湯は皮膚膜をこわし、かゆみを感じやすくする原因になってしまうのでお風呂はぬるめにします

●入浴後はすぐふとんに入らない
体温が上がった状態でふとんに入ると、かゆみを強くかんじてしまうことがあるので、体のほてりを冷ましてから寝るようにしましょう。

●肌を清潔に保ちます
汚れや汗は肌を刺激しますので、汗をかいたらこまめにシャワーを浴びるようにして、肌を清潔に保ちます。

●お酒は飲まない
お酒を飲んで体温が上がると、その刺激がかゆみを招いてしまうのでお酒は飲まないようにしましょう。

●かゆみを起こす物質を含む食品を避けます
かゆみがあるときは、タケノコ、里芋、なす、ほうれん草、トマト、鮮度の落ちた青魚など、かゆみを起こす物質を含む食品は食べないほうがよいです。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。