スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


身につけているものが引き起こすかゆみについて

かゆみを引き起こしてしまう病気や肌のひどい乾燥が見られなくても、普段の生活のなかで、「なんかかゆいなぁ」ということもあります。そのかゆみがなかなかおさまらないようなときは、身につけているものが原因で接触皮膚炎を起こしていたり、何かが肌を刺激して起こっている可能性もあります。


たいしたことはなくても、かゆいところがあるととても気になってしまいます。ポリポリ掻いて症状を悪化させてしまう前にかゆみの原因をつきとめましょう。


かゆみの原因になるものを以下にあげてみました。

ヘアスタイル
髪の毛先が顔に触れたり、頬などかゆくなり健康な肌でもチクチクした刺激を感じます。肌が乾燥しているなどコンディションが悪いときは、髪の毛が少し触れただけでもかゆみが起こってしまうこともあります。


シャンプーや整髪剤
シャンプーやリンス、整髪剤など髪につけるものが肌に合わないと、接触皮膚炎を起こすことがあります。頭皮だけでなく、髪が触れる顔や首にも症状が出る場合もあります。頭皮は汗をかいたために蒸れてかゆくなることもあります。


化粧品
顔がかゆいと感じるときは、化粧品によるかぶれ(接触性皮膚炎)が原因のこともあります。化粧品をかえた直後にかゆみが起こった場合には、すぐにその化粧品の使用を中止してください。アイメイクに使っている化粧品が肌に合わなかったり、ファンデーションが合わなかったり、刺激の強いグレンジングを使いすぎて目がかゆくなったり原因と症状は様々です。


下着などによる圧迫
下着やストッキングなどで皮膚が圧迫されたりこすれたりする刺激が、かゆみを引き起こすことがあります。下着の繊維による接触皮膚炎もあります。


皮膚の蒸れ
暑い時期、ストッキングや靴下、帽子などを長時間身につけていると、皮膚が蒸れてかゆみを引き起こすことがあります。


アクセサリーによるもの
イヤリングやピアスやネックレスや指輪などアクセサリーや金属製の時計ベルトなどが触れた部分がかゆい場合には、金属による接触皮膚炎が考えられます。


洗剤によるもの
洗剤を使用したときにかゆくなることもあります。洗剤が合わなかったり、皮膚が弱いことで、接触皮膚炎によるものです。




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。