スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帯状疱疹

帯状疱疹について

帯状疱疹は、水ぼうそうの原因となる水痘・帯状疱疹ウイルスが起こす皮膚の病気で、帯状疱疹は水痘になった人に起こります。

初感染時にウイルスは知覚神経節に潜伏し、その後、過労や免疫の低下などで再活性化します。ウイルスが知覚神経を伝わり、神経の分布領域の皮膚に帯状の疼痛をともなう発疹(虫刺され様の発疹と水ぶくれ)が現れます。


症状

発疹が現れる1週間前から神経痛に似た痛みが生じます。皮膚に水泡が現れる数日前から体調が悪化し、皮膚にピリピリした痛みや不快感を覚えます。その後、神経の流れに沿って帯状に縁の赤い小さな虫刺され様の発疹ができ、やがて水ぶくれとなって中に膿を含むようになります。少し触っただけでも激しい痛みが走ります。約2~3週間でかさぶたとなって治癒します。

頭痛を伴うことがあり、重症の場合は発熱後、水泡のような発疹が全身にできます。耳から顎、首にかけての帯状疱疹では顔面神経まひ、外陰部では尿が出なくなること(尿閉)もあります。高齢者や糖尿病の人では治癒後も疾痛が持続する帯状疱疹後神経痛を残しやすくなります。

帯状疱疹の(片側性)の特徴として、水泡や痛みやかゆみは体の片方だけに出現します。



原因

1回かかった水疱瘡の原因菌(水痘帯状疱疹ウイルス)が起こす病気です。このウイルスは水疱瘡が治ったあとも神経節などに潜んで休眠し、何年もたってから症状を引き起こすことがあり、年代としては50歳以上の人によくみられる皮膚病です。



治療法

症状を緩和させるために抗ウイルス薬(アシクロブル錠、バラシクロビル錠、ファムビル錠)を内服します、激しい痛みがあるときは、鎮痛剤を使用することもあります。痛みはあっても、皮膚は清潔にして、乾いた状態に保つようにします。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。