FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シーズーの皮膚病に注意しよう

シーズーの皮膚病に注意

シーズーは、梅雨に入るとノミの増殖が激しくなり、おまけに湿気も多い
ために、皮膚病を患いやすくなります。

とくにシーズーのような長毛種は、湿疹などが発見しにくいので、日頃の
被毛の手入れが重要になってきます。
湿疹には急性と慢性とがあり、急性の場合には手入れの不良、ノミの
寄生、魚肉の多食、胃腸障害などが原因にあげられます。

慢性症はおもにフケが完治しないで湿疹になるケースが多いです。
最近では市販のドッグフードの質が向上し、高タンパク・高カロリーと
なったために栄養がよすぎて皮膚炎や湿疹になるケースが増えている。

その場合はまずフードの質を落とし、別のものに変える必要があるが、
どれがいいのか見極められない時には、ブリーダーや獣医にそうだんし
てみましょう。いずれにしても、常に皮膚の清潔を保って予防に努める
ことが肝心です。




『シーズーの外観や容姿について』

もともとチベット高原原産の犬など寒冷地の犬を先祖に持つだけに下毛が密生しています。肢の毛はモコモコしています。

シーズーの毛の色は日本では茶色、黒色と白色の2色の入ったものが多いです。どんな毛色も認められています。額部および尾部先端に白が入った個体が珍重される傾向にあります。
体高は20~30cm、体重は5~8kg前後です。

シーズーは、静かな犬ですが、子犬のときにしっかりしつけないと、自分勝手な無駄吠えが多いシーズーになることもあります。シーズーは、活発で物を覚えるのが早く、とても楽にしつけることができるので、きちんとしつけてみましょう。








スポンサーサイト

柴犬に多い皮膚病について

柴犬のかかりやすい皮膚病

アトピー性皮膚炎や食事アレルギー性皮膚炎、急性質湿性皮膚炎等、
皮膚病といってもいろいろあります。

その原因もさまざまです。不衛生な飼育によるノミ、ダニ、カビの
発生や、食事によるアレルギー等が原因のひとつとして挙げられ
ます。

柴犬の皮膚病を予防するには、ブラッシングをこまめに行って
体を清潔に保ち、その際、皮膚の状態も日頃からよくチェック
しておくようにしましょう。



『柴犬とは柴犬の特徴について』

柴犬は、短毛、立ち耳、巻き尾などにあります。毛色は赤や茶、胡麻、黒などがあります。尾の形も左巻き、巻き、さし尾などというように違います。柴犬は、日本古来の犬種です。とても人気のある犬です。小型の犬種です。国の天然記念物に指定された日本犬種の1つでもあります。飼育頭数は最も多いので日本犬の代表格とも言える犬です。日本国外でも人気がある犬でもあります。日本犬独特の質素で忠誠心が強いので飼いたいいう人が多いようです。 体も丈夫なのでとても飼いやすい犬です。よそ者に対しては馴れ馴れしくしないので、賢く勇敢で警戒心も強いため、番犬になります。本来は山地や山あいで小動物の狩猟を手伝ってきた犬ですが、現在は主に家庭犬として人々に愛されています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。