FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


伝染性紅斑(りんご病)

両方のほっぺたがりんごのように赤くなるため、りんご病といいます。集団で感染する
ことが多く、成人にも感染します。とくに妊婦に感染の可能性があれば産婦人科に
相談して下さい


全身の症状

人によってかなりの個人差があります。子供では喉が痛むなどの風邪症状をおこし
ますが、高熱がでることはあまりありません。


発熱するまで、1週間程度の潜伏期間があります。成人では発疹や発熱意外にも
関節の痛み、頭痛、吐き気、手指のむくみなど、子供より多彩で強い症状が出る
ことがあります。



皮膚の症状

子供では軽い風邪症状の後、左右のほっぺたが平手打ちされたように真っ赤に
なります。
続いて、腕、足、お尻などにまだら模様の発疹があらわれます。かゆみをともな
うことがあります。大人の場合、手足に赤色や紫色の発疹が見られることが多
いようです。



感染

感染力が強いのは発疹が出る前の風邪症状があるときで、紅いほっぺたになっ
た時にはウイルスの排出はすでに終了しており、ほとんど感染することはありま
せん。


学校などで流行した場合、教職員にも感染することがあります。妊娠にも影響し
ますので、妊婦に感染の可能性があれば、かかりつけの産婦人科医に相談し
てください。



注意すべき点

発熱や関節痛が続く場合は受診してください。なお、入浴や運動による温度刺激、
ストレス、日光に長い時間あたる、興奮などの刺激が加わると、発疹が誘発され
たり再発することがあります。無理は禁物です。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。