FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手足口病

6~8月、とくに7月によくみられます。乳幼児によくみられますが、大人にもおこります。


全身の症状

3~5日の潜伏期があります。たいていの場合、発熱しても38℃程度と軽く、1~3日で
下がります。まれに高熱が出たり、吐いてぐったりすることもあります。
口の中にできた水ぶくれが破れると、痛みで食事が摂りづらくなることがあります。



皮膚の症状

風邪の症状の後、手のひら、足の裏、口の中に米粒ほどの水ぶくれができます。
手や足の水ぶくれには痛みやかゆみはほとんどありませんが、たまに痛みを訴える
場合もあります。膝やお尻に発疹がでることもあります。



感染

風邪症状がはじめたときからすでに感染力があります。また治った後も2~4週間は
便からもウイルスが排出されるため、弱いながら他の人に感染させる可能性が残り
ます。しっかり手洗いをしましょう。まれに子供から親に感染することもあります。



再発

原因となるウイルスがいくつかあるため、再発することがあります。



注意すべき点

熱があるときは安静にして体を休めましょう。口内炎ができて痛むときは、食事は刺激
の少ない柔らかいものにして、食後はうがいをしましょう。治った後も頭痛、吐き気、
発熱が続く場合は、もう一度受診してください。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。