FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うさぎの皮膚病について うさぎがかかりやすい皮膚病

うさぎ皮膚病について

うさぎがかかりやすい皮膚の病気について紹介します。

<慢性皮膚炎>

症状

あごの下やのど、肉垂(のどの下にできる肉のたるみ)、背中のしわ、生殖器周辺など、
湿りやすい所によく発症します。患部の毛が湿って、からまったり抜けたりし、その
部分の皮膚が赤くなります。症状の程度はさまざまで、ひどくなるとただれて潰瘍に
なることもあります。


原因皮膚が湿りがちなところに、ブドウ球菌や緑膿菌などの細菌が感染して起こります。
皮膚の湿る原因としては、不正咬合などによるよだれ、目の病気で出る涙、皮膚の傷、
慢性の下痢などさまざま。飼育の管理が悪く、ケージ内が湿って清潔でない場合も
発症しやすくなります。



治療法

症状の出ている部分をよく洗浄、消毒、乾燥させ、抗生物質による治療も行います。
皮膚が占める原因となっている病気を治すことも大切です。



予防法

水がこぼれないような給水器に替えたり、こまめに掃除をするなど、乾燥した衛生的な
環境で飼うのが大事。湿気がこもらないように、ケージは風通しのよい場所に置きましょう。





<耳ダニ>

症状

耳の中に灰白色の耳あからしきものができ、症状が進行するとかさぶたのように厚くなって、
悪臭を放つようになります。患部がかゆいので、しきりに後足で耳をかいたり、首を
振ったり。そのうち、耳は重くなって垂れ下がります。さらに細菌に感染すると、まず
外耳炎、悪化すると内耳炎を併発し、頭が傾く斜頚を引き起こすこともあります。



原因

ウサギキュウセンヒゼンダニとダニが寄生することによって起こります。かさぶたのような
ものは、増殖したダニやダニのフン、はがれて炎症を起こした皮膚などです。




治療法

塗り薬や注射で原因となるダニを駆虫します。併発した外耳炎などの治療も必要です。
うさぎの耳はデリケートにできているので、治療は獣医さんにまかせましょう。
へたにさわると、鼓膜をやぶってしまうことになりかねません。



予防法

うさぎに最も多く見られる外部寄生虫症です。飼い始めたら早めに動物病院に連れて行き、
ダニのチェックを含めた健康診断をしてもらいましょう。飼育環境を清潔にすることも
重要。複数飼いをしている場合、感染したうさぎが出たらすぐに隔離します。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。